スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッツDIY~靴箱編 

先々週始めたDIY、実は靴箱を作っておりました。


我が家の玄関内。

IMG_2899.jpg


ご覧の通り、非常に狭い。(ざっと80cm×80cmくらい)
おまけに据え付けの靴箱なんてものもない。

しょうがなく玄関を上がってすぐの物入れ最下段を靴箱代わりにしているものの・・・その位置だとなかなか都度靴を片付ける、ということが出来ない。
なので、いつも相方のビジネスシューズ(相方帰宅後は2足になる)と二人分のスニーカーが出っ放しの状態で、イマイチだな~とずっと思っていた。

さんざん市販の靴箱も探したけれど、既製品の箱の厚みはいずれも30cm近くになるものばかり。
ウチの玄関で30cmも出っ張られたら、タタキの3分の1以上のスペースを食われてしまう。それも非常に困る。


ということで、昔何かの冊子で見た誰かのDIY作品のイメージを元に作ることに。

作る形のイメージは決まっていたものの、細かく数字を追い込むことが苦手な私はなかなか設計図が完成しない。
それを見かねた相方が「よし、俺が設計してやる」と言い出した。

(オイ、えらく上から目線じゃないかコラ)

とちらりと思ったけれど、あっさりその案に乗っかった。



相方の自信満々な設計図を元に材料を仕入れる。

IMG_2822.jpg
カットはもちろんホームセンターで。

IMG_2826.jpg
今回のために仕入れたミニサンダー大活躍中!

木口のヤスリがけが、これまでの手がけに比べて格段に楽チンだった~。
でも前も言いましたが・・・


室内ではやらないほうがいいです。
室内の棚やらテーブルやら、あちこちにうっすらと何かが積もります。



一応集塵袋がついてたから大丈夫だろうと思っちゃったんだよね・・・
途中でさすがにマスクをつけた。
相方も帰宅早々マスクをつけていた。
いやー参った参った。


IMG_2830.jpg
我が家の電動工具たち。

ドリルドライバー、ジグソー、ミニサンダー。
すべて安モンです。
ドリルドライバーとジグソーは、数年前ホームセンターのオープンセールでそれぞれ1000円で買ったもの。今回購入したミニサンダーは1980円。
計4000円。
まあ私のへっぽこDIY程度なら十分な働きをしてくれます。


中でもジグソー。
実は今回初めて使った。

三箇所だけ斜めにカットしたいところがあったが、ホームセンターでの斜めカットはかなり割高。(直線は20円、斜めは500円以上)
斜めに切った所は表面上見えなくなるところだし、だったら自分でやろう、と。
さすがに刃が折れて飛んだりすると危険なので、今回は安々作業用ゴーグルも着用。
予想通りの大音量と振動にビビりながら切断開始!

IMG_2827.jpg
き、切れた~!
一人で出来たよ~!

まあまっすぐ切れてませんけども。
いーのいーの。


IMG_2831.jpg
斜めカット三箇所終了。

サイズ全然揃ってませんけども。
いーのいーの。


この後必要なところに木口テープを貼ってヤスリで馴染ませ、ステインで色をつける。
ステインは50%に薄めたものを数回塗るつもりだったけれど、1回目でこの色でいいや、と思えたので一度塗りで終了。
(面倒くさかったのも半分)

ステインが乾いたら必要なところをボンドで接着し仮組みしてみる。


IMG_2838.jpg
これを使う。プラスチック製の回転ピン。

フラップ扉にするつもりなので、このピンを軸に扉を回転させようという寸法。
ピンが少し長かったのでペンチでカット。


IMG_2843.jpg
靴を入れる箱と側板に穴を開けピンを差し込んで組み上げる。


IMG_2872.jpg
箱が側板に接触するのを防ぐため、最終的にはワッシャーをかませた。
(この写真はニスを塗った後)


仮組みの結果一応動作OKだったので、再度分解しニス塗り。
下地代わりにつや有りニスを一度塗った後、半つやニスを塗る。


IMG_2866.jpg
続いて必要なところをネジ留め。
他の箇所はボンドだけでも十分だったんだけど・・・ここはまっすぐに切れてない斜めカットの部分で、接着面に隙間でまくりだったので念のため。
(全然「いーのいーの」ではなかった;;)


IMG_2874.jpg
無精の結果その1。

下穴開けずにねじ込んだら割れたの図。
以降、きちんと下穴開け実行。


IMG_2862.jpg
無精の結果その2。

巾木にあたる部分を切り欠いておかないといけないことはスケッチ段階ではわかってたのに、設計を相方に丸投げしてからすっかり忘れていた・・・
塗装完了後にジグソーでカット。
表からは見えない部分なので、ステインは端折ってちょいちょいとニス2回塗りでごまかす。


IMG_2867.jpg
箱3個、側板2枚、天板1枚、フラップ開きのストッパー代わり背板3枚。
取っ手とマグネットキャッチをつけて、さー後は組み上げたら完成じゃーー!





・・・トラブル発生。

実際組んでみると、下の扉が閉まっている状態だと上の扉が開かない。
よくよく見ると、上の扉が開く時に下の扉上の厚みに引っかかってしまう様子。
つまり扉間のマージンが足りないということだ。



・・・。



仮組みの時はキャッチをつけてなかったから、下が閉まっている状態で上を開く、という確認はしてなかったんだよな・・・


いや待て。


っていうか。


これって・・・







完全なる設計ミスと違うんかコラーーーーー!!!



相方にこの問題点をぶつけると

「あ~、隙間がちょっと足りなかったんだね~」

そんなことはわかっとる。

「小さい方眼紙で設計図書いたから細かいところまで詰められなかったんだよ。
 大きく図を書いてたらこんなことにならなかったと思うけど」


いやいや、それでもこれはどう考えても設計ミスじゃないか。

「回転部分は現物合わせで確認しようと思ってたからさ~」

現物合わせって・・・
施工は全部私がやって、キミは施工管理全くノータッチじゃんよ。

「そうだね、『管理』が出来てなかったね」



・・・だからなんで上から目線なんだっつーの。
(管理されてる覚えはさらさらない)


大体さー、当初から「扉の開け閉めにキャッチが必要」という私の案に対して「いや、キャッチなんかに頼らずに扉自身の重みで閉まるように設計すればいいんだ」なーんて言ったくせにさー、結局扉の重みだけだと閉まるどころか思いっきり全開しちゃってたしさー。(で、結局キャッチをつけた)
一体どーなってんだって話ですよ。


あー、設計士替えてもらえないかなあー。
(設計を丸投げしておいて、文句だけは言いたいだけ言う)




このままだと使い勝手に問題ありなので、考えた結果側板に開けた回転ピン用の穴の位置をずらすことに。

IMG_2876.jpg
(相方の)無精の結果その3。

一度開けた穴のそばにもう一つ開けるのって難しいんだよ・・・
二段目のこの穴はまだマシで、三段目の穴はもっと長くなってしまった。

組んではバラして穴の位置をずらし開けながら調整すること4回。
(もう飽き飽きで、この頃から作業ペースがグンと落ちた)



よーーーやく完成!


IMG_2885.jpg
こんなんなりました。

後でバラす可能性を考慮して天板と側板と背板は金具とネジで留めただけ。
本当はボンドで接着したほうがガッチリするんだろうけど・・・その分若干華奢な造りにはなってしまった。
まあそんな重たいもの入れるわけではないし、ということで。


今回は初めてトライしたことが多かったけれど、中でも簡単で結果がハッキリ出て楽しかったのが木口テープ貼りだった。

IMG_2890.jpg
角の左側が木口テープあり、右側がなし。
見栄えが全然違う。



さて。
いざ出来上がると、この中に直接靴を入れることになんとなくためらいを感じてきた。
ということでインナーケースを作ることに。

IMG_2893.jpg
別のことに使うつもりで買っておいたプラ製シート。(100均)

カッターで切れ目を入れて折り曲げ、梱包用テープで固定して箱にする。


IMG_2896.jpg
何箇所か割れたり切れたりしたけれども気にしない。

これに押入れシートを敷きこむ。


IMG_2897.jpg
プラシートが2枚しかなかったので二つで終わり。(とりあえずは二段分しか靴を入れない予定なので二つでOK)
これなら掃除もかなりラクに出来そう。

靴の収納箇所に押入れシートを使うのは、あんずさんのアイデアを拝借しました~。(記事は→こちら
ありがとうございます!



この作業、私にとってはかなり面倒な作業だった・・・
面倒なのでやる気も出なけりゃ集中力も続かない。インナーケース作りだけで3~4日はかかっていたと思う。

プラシートに押入れシートを貼り付けてから箱にしたほうが簡単だったのかな?




やーーーっと靴を入れられる段階になったよ・・・(作り始めて10日は経過)


これを設置したいがために、玄関掃除が必須になったというのが真相でした。


玄関掃除終了後、置いてみる。

IMG_2899.jpg IMG_2913.jpg

IMG_2900.jpg IMG_2908.jpg

はみ出ているほうき&ちりとりと靴べらが中途半端ぶりを助長しております。



IMG_2909.jpg

靴を入れるとこんな感じ。

最上段にはスリッパでも入れようかな。



今まで何も置いてなかっただけに、やっぱり多少の圧迫感は出ちゃうなあ・・これでも箱の厚みは15cmに押さえてるんだけど。
でも出しっ放しの靴たちがいなくなったスッキリ感は出たということで良しとしよう。

ほうきの置き場所が要課題だな。


あーしかし回転モノはしんどい。
ちゃんと設計が出来ていないと難しいということがよーーーーーくわかった。
もうしばらく回転モノはいいや・・・


次作は板か箱で。




↓参加中です。やる気の源、応援クリック感謝です!


スポンサーサイト

コメント

ふるさんこんばんは~!
すごーーーい!!(×100)
作ってらしたモノはコレだったんですね。
あぁステキ・・・こういう能力をお持ちの方が
とっても羨ましいです。
靴がしまえてスッキリしましたね。
いいなぁ~いいなぁ~。
お疲れ様でした!

こんばんは♪
靴箱を作ってしまうとはすごいです~。
かなり本格的ですよね。
場所もあまりとらずにスッキリしていていいですね★
お疲れ様でした。

はじめまして。大掃除の季節ですね~(++)うちは、テレビのうえやら、
棚の上のホコリが恐ろしい事になっていて、ずっと、見てみないふりしてるのですが、
最近、うちの子が喘息にかかってしまい。。。それ機に旦那におねだりしてダイソンの掃除機を購入しました!!
いやいや、そのパワーは、今までの掃除機はなんだったの~?って思うくらいすごいです!
じゅうたんの髪の毛とかホコリの吸引力は抜群!捨てるのも外してポンですし、いや~こんなに高い掃除機だし、
買っちゃったからには、ちゃんと掃除しようと思ってます!みなさん、ダイソン、オススメですよ☆
12月から新しいモデルが出るみたいですね。
http://www.dyson.co.jp

■瑛さん

こんな安いDIYをそんなに褒めていただけるなんて・・・ありがとうございまーす!でも、き、恐縮です;;
能力・・・いえいえ、そんなもの微塵もありませんですよ~。作り始める前にDIY関連のサイトを舐めるように見まくって、考えに考えたつもりでもミスばっかりです;;(疲)
完成させた達成感こそありましたけど、それまでにかかる時間と労力のことを考えたら・・・やっぱり買ったほうが安かったかなあ~~~(台無し)


■Happylifeさん

ねぎらいのお言葉恐れ入ります~。
ほ、ほ、本格的・・・でしょうか;;
なんか変な汗が出そうです(穴に入りたくて)。
元々が狭いだけに、今回の靴箱を置いても「やっぱり狭いな」と感じてしまっていたので、Happylifeさんの「場所もあまりとらずに」というお言葉に救われる思いでした。ありがとうございましたー!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mezasesimplelife.blog112.fc2.com/tb.php/107-746d636f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。