スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちよく暮らす~片付け編 

カナさんの記事にインスパイアされまして・・・(カナさんの記事は→こちら
残しておきたくなったので、ちょっと今の思いをメモ代わりに。
(独り言です、お気になさらぬよう。)




今の住まいに引っ越してきてから。
気持ちよく暮らす、ということを真剣に考えるようになった。

元々公言してはばからないほど掃除は嫌いで苦手な家事。専業主婦という役割分担上嫌々たまにはやるものの、決して行き届いた仕事はできていなかった。(今もだけど)
相方は「いちいちこまごまと言いたくないから」と普段でこそ何も言いはしなかったが、何かの原因で言い争いになった時は相方のこの点への不満が噴出し、私も自覚があるだけに何も言い返せない・・・ということがよくよくあった。

でも掃除について意識が変わるのはずっと後の話。
初めに気がついたのは片付けについてだった。

引越前は社宅住まいだった。入居当時は私もまだ仕事をしていたこともあり、ご近所さんと交流などは挨拶程度のみでほぼ皆無。
それが社宅内工事の説明会の席でたまたま仲良くなったご近所さんができ、後日お宅にお邪魔させてもらうと・・・

一人はとにかくモノが少ない。大きな家具がないためそう見えるだけだったのかもしれないが、話を聞くと全室トータルで三間半近くある押入れはスカスカだという。
もう一人はモノや家具は多いけれど敷物やのれんや置物など、何というか・・・あちこちにきちんと手を掛けている感じがするお宅。一番驚いたのは、ウチでは物置部屋になっている四畳半の部屋にテーブルと小さいソファがあり、「部屋」として成立しているサマを目の当たりにしたことだった。

かたや我が家。
3DKの同じ間取りの部屋なのに、三間半もある押入れ(それもすべて天袋あり)はモノで満杯。さらに一部屋を堂々と「物置部屋」と称して畳が見えないほどモノを積み上げている。


・・・おかしい。
絶対ウチはおかしい。


モノを持ちすぎていることに気がついたのはこの時だった。



独り言だけど長くなりそうなのでつづく。(続きは→こちら




↓参加中です。やる気の源、応援クリック感謝です!


スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
カナさんのところでふるさんのコメントを、「うんうん」と読んでいました。
うちも転勤族で、といっても1か所にいる時間はかなり長い方(今の所も3月で丸八年)。
ですが、「いつか動く」というのが頭にあり、「ここにぴったり」を作っても次には無理かも、と言い訳をして、どこか「ビシッ」と向き合っていなかったように思います。
しかし、ここ数年で「気持ちいい空間を作りたい」と思うようになったのですが、家具を動かすこともできず溢れるモノをどうしたものかと考える日々。
同じように?もがいている者がここにおります。
私の場合時間がかかりすぎたな、って思うけど(-"-)

■男塾酉蔵さん

こんにちは。
torizohさんのおっしゃること・・・もう他人とは思えないくらい私にもぴったり当てはまります。
転勤族の宿命で、「いつか動く」ことを常に意識していないといけないことはしょうがないことですよね。でもそれに甘んじて妥協するにも程があったなあ・・・と今なら思えます。

大物家具は簡単に買い換えられないですから、私もすごく悩ましいです~。
でもまあ、出来る範囲でやればいいかな、と。
気づくのに時間がかかり過ぎたのは私も同じです。でもまだ遅くない!
今気づけた私たちはラッキーだったんですよー、さあさあ一緒にもがきましょう!(道連れにするな;;)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mezasesimplelife.blog112.fc2.com/tb.php/126-2cb1c63e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。