スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄関棚DIY 

先月末、ひっそりとDIYしておりました。

・・・こ、構想は靴箱作成時に既に決まってたんだけどねっ!
・・・ざ、材料は二ヶ月以上前に仕入れてたんだけどねっ!
(寝かすの大好き)


ターゲットはこちら。

IMG_3740.jpg

またしても玄関。
ここ最近の登場頻度、かなり高い。(ちなみに画像は使いまわし)


この靴箱の上の部分。

IMG_3746.jpg
ここ。

ここをもっとうまく使いたい。
並びにとりあえず置きで放置している傘や靴べらの居場所をちゃんと決めたい。

そしてこの華奢な作りの自作靴箱。おそらく平らではない玄関の床のせいで、常に若干傾ぎ気味。そのため開閉時に扉が側板にこすれたり下を開けたら自動で上も開き、みたいなことが頻発していた。
で、今回は靴箱の補強も兼ねて、ここに棚を作成するのが主旨。



IMG_3747.jpg
今回使う板はこれだけ。シンプルです。

右奥になんやら箱がたくさん積んでありますが、今回の主題ではないので、ツッコミ不要。



IMG_3748.jpg
こっそり購入していたニューアイテム、鋸&ソーガイド(鋸で真っ直ぐ切るためのガイド)、今回デビュー。
巾木部分の切り欠きをカット。
表に見えない部分なので、多少真っ直ぐでなくてもOKOK。

・・・しかし目立つなあ、サイクロン式掃除機1万円。



IMG_3749.jpg

やすりをかけて、柱部分は水性ペンキ、棚板部分は靴箱と同じステイン&ニスを塗る。
乾燥中。



・・・と、ここで作業ストップ。
なんと工具が足りませんでねぇ~(全然準備できてなかった;;)。




(一週間経過)




足りなかった工具(木工用ドリルビット8mm)、やっと購入。




(さらに2日経過)




作業再開。(←いちいち寝かさなくていーから)


IMG_3850.jpg
柱板上部にアジャスター受けとアジャスターボルトを設置。

このアジャスターボルトがはまる下穴を開けるビットのサイズが手持ちになくて、作業が停滞していた。
これで柱を突っ張らせて、間に棚板を渡すという寸法。

このアジャスターボルトの使い方は、私のDIYでは毎度おなじみあんずさんのサイトで学びました。(記事は→こちら
どんだけ真似してんでしょうか、私。
ホントすみません。だって師匠なんですもの。(←100%押し掛け)


底になる部分にはゴムシートをボンドで貼り付けた。



続いて棚板のための下準備。
今回初めて木ダボでの板接続にチャレンジ。

IMG_3853.jpg
まず柱側に下穴を開けましてー。
・・・それにしてもすごいバリだなあ・・・
ここは隠れてしまう部分だからいいけどさ・・・

ちなみに今回購入した木工用ドリルで開けた穴は美しく仕上がった。
ああ魅力的、木工用ドリル一式。



  
こんな風に微妙にサイズが違うもんだから、どれ買えばいいのか迷うんだよ・・・




IMG_3851.jpg   

ニューアイテムまたまた登場、センターポンチ。
これを先の下穴にはめ込み・・・



IMG_3852.jpg

ここにジョイントする棚板を上からぎゅーっと押さえつける。
これで棚板側の下穴用位置決め完了。



IMG_3854.jpg

上記でマークした位置を基準に、棚板の下穴を開ける。



IMG_3855.jpg

側板の下穴に木ダボをはめ込み・・・



IMG_3856.jpg

ここに棚板を差し込んで、ジョイント。

本当はボンドをつけて木ダボを差し込むとガッチリくっつくらしい。
でも今回は後々バラすことを考えて、とりあえずボンドは見送り。
(だからヤワな出来になるんだって;;)



こういう手順、DIYする方にとっては常識なんだろうけれど・・・
あえて自分用のメモとして簡単なことを大袈裟に書き記しております。
ご了承くださいませね~。



全ての棚板が木ダボで接続できることを確認して、いよいよ設置。


IMG_3858.jpg

配電盤下の出っ張りを利用して、ここと床の間で突っ張らせる。
アジャスターと壁の間には、丸くカットしたゴムシートを挟んだ。
位置を見ながらじわじわとボルトを締める。


IMG_3857.jpg

上から糸を垂らして、糸と板の間隔を測りながらなるべく垂直になるように・・・したつもり。
こういう計測部分って私が最も自分を信用できないところ。DIYじゃ致命傷だな・・・。
寸法の測り方、習えるもんなら習いたい。(本気)


IMG_3859.jpg

なるべく靴箱をきっちり挟むようにしながら、棚板を渡しつつ反対側の柱も設置して完成。



IMG_3860.jpg

上の出っ張り部分と板の最上段・・・右と左でどう見ても隙間の幅が違くないか・・・?

メジャーにプチ水平器がついているので、置いてみる。



IMG_3861.jpg

・・・。

ま、いっか。ギリギリライン内だし。

家の壁って、意外と水平垂直ってわけでもないもんなんだね~。



IMG_3740.jpg IMG_3862.jpg

画像、色味が全然違うな・・・

当初は柱も靴箱と同じ色のつもりだったのが、狭いだけに見た目がちょっと重くなりそうな気がして柱は白にした。
この判断は正しかった。思ったほど圧迫感はなし。


以下、反省点。

しかし・・・アジャスターが板の奥部分についているので、柱板の手前部分の固定がちょっと甘い感じがする。アジャスターを取り付ける場合は、やっぱり柱のセンターに付けるのが基本なんだなあ。学習。

あと、棚板を一箇所でも二箇所でもどこかでガッチリ留めないと、この設置の仕方では柱がたわみやすい。
元々板がたわんでいたのかもしれないけれど・・・そんなに厚みのない板を使っている上にただでさえ突っ張らせる置き方なのでなおさら。

靴箱の補強、にはあまりならなかったかも。
裏側で柱と靴箱を金具で接合させる予定だったのも、結局やめちゃったし(金具高いし、付けるの面倒くさかったし)。


まあ軽いものしか置かないからということで今回はこれで良しとするけれど、この設置の仕方に1×4の一本柱はやっぱりちょっと厳しいかな。



IMG_3867.jpg
痛恨のミス。

下穴を開ける側を間違えて錐を刺してしまった・・・
なぜ、なぜよりによって目につくこちら側!
せめて反対側だったら全然見えなかったのにーー!

こんな凡ミス、やらかさなくなる日がいつか来るんだろうか・・・(自信なし)




さて。
ここからが一番難しいところ。

それは、


ここに何を置くのか。


そして、


結局、傘はどこに置くのか。



や、やっぱ傘立て買うか・・・;;




<自分用メモ>
・SPF1×4
・水性ペンキ(ミルキーホワイト)
・ポアーステイン(オーク)
・水性ニス(つや有り)、水性ウレタンニス(半つや)
・アジャスターボルト(8×50)
・アジャスター受け
・木ダボ(6mm)




↓参加中です。やる気の源、応援クリック感謝です!


スポンサーサイト

コメント

本当にふるさんは器用ですねー
うちにも気になるデットスペースがかなりありますが、スルーしちゃってます。
作りたい意欲はあるのですが、腕がついていかないんですよー
多分きちんと出来ない性格だからだと思います(汗)
白違和感ないですねー
うちもどうにかしたいなー

凄いね。
靴箱がもう凄いもの。

きっとこの棚は飾り棚に使えるよ!
思ってるよりも使えると思うよ~。
でも確かに・・・かさ置き場はみあたらずw

こういうの見ると、DIYやりたくなってくるよね~。
でも車が無くて板が運べないのよorz

■桜さん

お返事遅れてしまいましてすみません、連休不在でして・・・
実はこの記事、予約投稿だったんです(そう書いておけばよかった)。

いえいえ、器用だったらこんなに反省点ないですからーー;;
昔はきっちり作らないといけない、という思い込みがあったのですが、
最近は失敗しても他のどこかで使い回せばいいや、と開き直って結構やっつけでやってます。
そうでないと取り掛かれないんですよ~、自信なくて。
あれだけの掃除&子育てをしながら、DIYへの意欲が湧き出る桜さんはすごいです。
私はこのヒマヒマな状況でなければ、絶対やらないと思います・・・


■ちゃまさん

そうなんです、「飾り棚にしよう!」と思ってこういう作りにしたんですが・・・
出来てみると、何を飾ればいいのか皆目検討つかないという。
如何せんディスプレイの経験値が足りなくていけません。
傘も、当初は柱にフックorバーを取り付けて引っ掛るつもりだったんですが・・・どうも出来上がるとイメージと違いまして。(こんなんばっか)

材料、ちょっとサイズが大きくなると車じゃないと運べないですもんね。
軽トラを貸し出してくれるホームセンターなんかもありますよ~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mezasesimplelife.blog112.fc2.com/tb.php/176-b3734cbd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。