スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちよく暮らす~片付け編5 



(独り言です。昔の話をしています。前回は→こちら




相方のモノのことばかり書いてきたが、この時私もずっと気になっていた大きなモノをようやく手放すことが出来た。それは某海外ドラマのレーザーディスクボックスセットとレーザーディスクプレーヤー。

一時ダダハマリしていたドラマをどうしても全部見たくて、ヤフオクにて高額で落札した代物。
手に入れた時は本当に嬉しかったが、ブームというのは得てして去るもの。後悔も大きかった。(数年後DVDになってたし)
相当値が張っただけに売った時の二束三文ぶりを目の当たりにするのがしのびなくて、ズルズルと持ち続けていた私の重荷(マジで重い)。
家電とともにこれも売った。もちろんほとんどお金にはならなかったけれど、ホッとしてすごく身軽になったような気がしたのはよく覚えている。

持ち越しになった先代のテレビは引越直後に処分。カセットテープは本人が処分し、わずかに残った相方の(もう着て欲しくない)昔の服もすべて処分完了。


引越を契機に、相方のモノに対する意識はかなり変わったように思う。
あの大量のカセットテープもしかり、以前はモノを見直す行為自体を面倒くさがっていたし、どうにか見直しさせても一向に「とりあえず置いといて」ばかりで、モノが減る気配が全然なかった。
それが今では、頼んだらモノのチェックも面倒がらずにやるようになった。
以前にこれは絶対キープだと言って譲らなかったモノまでもういらないと言い出し、「えっ、本当にコレもういいの!?」と逆に私が驚く時さえあるくらい。

まあもちろん、まだまだ
「あのかさばるアイツ、早く見限ってくれないかな・・・」
と思うモノもたくさんあるけれど。



ま、まだ続く。




↓参加中です。やる気の源、応援クリック感謝です!


スポンサーサイト

コメント

分かります~

引越を機に・・・っていうの、すごく良くわかります!
我が家も引越を機に、旦那がビデオテープや雑誌をざっくざっく捨ててくれました。
でも、「それで終わり」感があるのがちょっと違いますが・・・
思い入れのある物って、捨てづらいですよね~。
学生時代に探し出して中古CD屋でやっと見つけたCDとか・・・もう聞かないのにまだあったりします・・・
いい加減見切らねば・・・

■milさん

本当、引越しはいいきっかけになりますよね~。
でも、もし前より広い部屋に引っ越していたら、こんなに処分しなかっただろうなあ・・・
狭いところに引っ越すのもある意味アリかもしれない、なんて思ってしまいました。

なかなか処分出来なかった物でも、ある日突然見切れる時が来たりしますよね~。
ここ最近は、その時が来るのをじっと待っている状態です。
(単にやる気がないだけか;;)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mezasesimplelife.blog112.fc2.com/tb.php/190-3fce1f37

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。