スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちよく暮らす~片付け編6 


(独り言です。昔の話をしています。前回は→こちら




去年の夏。

私の友人も交えて三人で片付けの話題になった時、相方がこんなことを言った。

「モノを捨てると、身が軽くなったような気がするんだよね」

心底驚いた。
まさかこの相方が、そんな風に感じていたなんて。
そうか。そうだったのか。
数年かけてぼんやりと気づいたことが、片付け関連の本を読むことで確信に変わり、私は今日ここに考えが至っている。でも相方はこれらの本を読んでいない。
時々私が「これいるのかいらないのか」「まだ使えるから、じゃなくてまだ使うのかどうかで判断しろ」ということを口うるさく言ったくらいで、後は自分で判断して見直し・処分を繰り返しただけだ(服以外)。
相方は自らの体験だけで「モノを捨てると身軽になる」ということを体得したんだな、と思うと・・・
「不要なモノは持たないシンプルな暮らし」の中には真実があって、やはり間違いじゃないんだと実感した。


さらに。
これは風水的な話になるのかな・・・
相方の勤務先での社内試験。通年は「仕事が忙しい」「やる気が出ない」と事前の勉強すら全くせず、受けては落ちるを繰り返していた。そんな相方が今年はなぜかやる気になり、事前の勉強が功を奏したのか今回ようやく結果が出た。
実はこの相方が勉強をし始めた時期が、私が納戸部屋を片付け始めた時期と見事に重なっている。

そしてこの我が家の納戸部屋。
ガラクタ捨てれば自分が見える』の風水定位盤にあてはめると、「繁栄・財産・豊穣・幸運」に当たるところに位置しているというオチ付き。


こういうことが面白い、と最近は思う。
去年の春、初めて泊まったペンションのオーナーがこのテのことが好きな方で、いろんな話を面白く聞かせてもらった。
その中で一番心に残ったのが「(こういう風水的な行為に対して)結果を求めてはダメ。楽しんで出来ればそれでいい」という言葉。

私は風水信者ではないし風水的な知識もさっぱりない。でも出来る範囲で楽しんでやるぐらいならこういうこともアリかな、と思えるようになった。以後飾り感覚で部屋に岩塩を置いたりもしている。
まあさしずめ「なんちゃって風水」といったところ。



相方の社内試験の件は、もちろん本人の努力の結果。

でも・・・
間接的にでも、「それは家の中が片づいたから」「きれいに掃除したから」「家の中の空気が変わったから」と思うと、単純に楽しい。やる気も出る。
部屋をすっきりさせたいという思いだけで片付け始めたのに、結果的にはそれ以上のおまけがついてきた。
相方だけでなく、私の意識もかなり変わったと思う。
何事も考えるだけではダメ。動かなければ、やってみなければ何も起こらない。

結果は求めるものではなくて、ついてくるもの。
それをずっしり実感させられた、納戸部屋片付けだった。


今は、ただ単にいい時期なだけなのかもしれない。
順番にいつかはやってくる悪い時期に、この気持ちの持ちようを維持して動けるかどうかがカギなんだろうなあ。
その日のために今回これを記録。




も、もう1回だけ続く・・・かな??




↓参加中です。やる気の源、応援クリック感謝です!



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mezasesimplelife.blog112.fc2.com/tb.php/193-86f8ba84

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。