スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスフィズ第2弾 

今後のための覚書として・・・


前回を踏まえ、再びバスフィズを作成。


IMG_4574.jpg

とにかく発泡時間が短かった前回。
今回は長めに乾燥させてみることをメインに、桜さんが指摘してくださったコーンスターチ(片栗粉)の量を少し変更して違いを検証。

前回は4日間乾燥させて発泡時間が30秒だったので、今度は一週間くらいおいて使ってみるつもりだったのが・・・
体調不良によりさらに一週間放置してしまった。


結果、作成してから二週間経過。
いよいよ使ってみるかと手を伸ばして気がついた。


IMG_4575.jpg

・・・。

この染み、なんだ??

(下に敷いているのはティッシュの空箱。つまり紙。)

水分はごくわずかしか入れてないので、この染みはオイルなのかな。
ちょっと香りもするし。



で、浴槽に投入。


・・・。(体内時計カウント中)


今回の発泡タイム、50秒。

わーーー、記録更新ーー!



でも今回は、前回に比べて香りが弱かったような・・・
やっぱり染み出した分そうなったってことか。

乾燥に二週間、は時間を置き過ぎなのかな。
ある程度乾燥したら、容器に入れておくとか何かで包むほうがいいのかもしれない。


次回テーマは「コーンスターチさらに増量」で。



<今回のレシピメモ>
 重曹 70g
 クエン酸 35g
 コーンスターチ 15g
 ベースオイル(ホホバオイル) 5ml
 精油(マージョラム) 5~6滴
 精油(ジュニパー) 3~4滴
 水 ごく少量(霧吹き3回程度)



※4/22追記
 1個目 50秒
 2個目 44秒
 3個目 約1分?(相方計測のため参考記録) 



↓参加中です。やる気の源、応援クリック感謝です!


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

あれから

あれから何個か作ってみたのですが、最初に作ったバスボムが一番長持ちしています。
比率は、2:1:1なんですが、かなり発泡時間が違うんです。

で、色々原因を考えてみたのですが、大量に作る方が、分量の誤差などが出にくいみたいです。
多分水の調節が上手く出来るからでしょうかね?
水を入れすぎて、表面が解けたのもありました(汗)
その後色々な色を作りたくて、少量で作っていたのですが、どれも発泡時間は短かったです。
なんとなく問題はこれのような気がするのですが、どうでしょう?

ちなみに最初に作った重曹の量は、200gクエン酸100g、片栗粉100gでした。
かなり大量です(汗)

■桜さん

あれっ、そうだったんですか??
桜さんレシピのバスボムは毎回発泡時間が安定しているのかと思ってました。うーんやっぱり波があるものなんでしょうかね~。
ネットで調べても発泡時間については触れられてないことが多くて、イマイチ標準がわかりません。
私としては標準タイムがクリアできていれば十分なんですけど・・・

あれこれ試したいと思うと、なかなか大量生産は難しいですよね。結構型に押し込む作業も面倒ですし・・・
桜さんのように丸めてもみたのですが、私のレシピだと上手く丸まってくれませんでした;;
水分が少ないんでしょうね・・・でも勇気がなくて水分足せないっす~;;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mezasesimplelife.blog112.fc2.com/tb.php/222-46ffe533

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。