スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風呂排水口三番勝負 

連休中のスイッチON祭り、祭りの締めくくりは入浴ついでの風呂掃除だった。

このブログでの「風呂掃除」の定義は、壁を含む掃除であったかどうか。
(浴槽や小物・風呂蓋・床などは入浴時に気になったらちょこちょこやっているので)

過去のエントリーを見てみると、大体二週間に一度「風呂掃除」をしている様子。





ところで話変わりますが、「チョウバエ」ってご存知でしょうか?
私は存在は知ってましたが、名前その他コイツのことについていろいろと知ったのは三ヶ月ほど前でした。


まだ実家にいた頃コイツは実家の風呂の壁によく止まっていて、当時の私は気が向いたら水で流し、気が向かなければ無視。そんな関係だった。

数年経過し、今年。
今の住まいに引っ越してきて七ヶ月、久々にコイツに出会った。

お掃除ブログ漁りにどっぷりはまっていたこの時の私は、どーしてもコイツの正体が知りたくなり、即ネットで検索。
・・・簡単に続々とヒット。


チョウバエ。
「ハエ」ではなく「蚊」の仲間。
排水口のゴミ(スカム、というらしい)を住処にして、幼虫を経て成虫になる。
人体に害はないが、見た目に良くないということで不快害虫とされる。
対策は排水口のゴミを取り去り、きれいにすること。



そうか、君は蚊の仲間なのかー。
てっきり窓から侵入してきていると思っていたけどそうじゃないんだね。
排水口で湧いて・・・



湧いて!?



この事実を知ったとき、彼との決別を決意した。



「湧く」っていう漢字、「泉が湧く」「希望が湧く」「虫が湧く」どれもこの「湧」という字で正しいらしい。なんか納得いかない。




決別対策の排水口掃除、前回はなんと7/28!
実はこの時のガッツリ掃除は、最初1匹だったチョウバエが4~5匹にまで増えてきたからで、掃除後は全然出現しなくなった。
夏も過ぎたしもうそんなに元気ないだろーやれやれ、と思っていたのに・・・


先週後半、天井にひっそり止まっている彼を発見。


うっ・・・夏を乗り切ったらもう出ないと思ってたのに・・・
こ、これはやらねばなるまい!


でも一気にやる気力がなく、段階を踏んで実施することに。




<10/6序盤戦>
まずは一通りの風呂掃除を行った。




<10/7中盤戦>

6日に気づいたものの時間切れでできなかった風呂扉外側から。
えーちなみにこの時、7日深夜0時45分(←既に8日)。

IMG_2559.jpg

IMG_2566.jpg


IMG_2556.jpg

IMG_2562.jpg


IMG_2558.jpg

IMG_2563.jpg


まあこんなところはどうってことない、すぐ終了。
ゴム手袋を装着し、排水口に着手。

基本私は、掃除の時は手荒れ覚悟ですべて素手でやっている。手袋のつけはずしが面倒なのと細かい指先の作業が鈍くなるのがイラッとするからなのだが、ここの風呂排水口だけはゴム手袋をつける。

その理由。

IMG_2586.jpg
(掃除後です)

ケガするから。

コンクリがむき出しのウチの排水溝&排水口。きれいにならしてあるのならまだしも、ここの表面がかなり荒い。右端中央下段の角なんか角が二箇所もとんがっている。溝の側面も凸凹で、さんざん水を流しても髪の毛があちこちにひっかかって流れなかったりする。
気をつけてブラシでゴシゴシやっていても毎回どこかに擦り傷を作ってしまっていた。

だからここは手袋をつけるようになった。なったんだけど・・・

そうすると入浴ついでにちゃちゃっと手を付けづらくなってしまい、二ヶ月以上放置とあいなってしまった。



前回の7/28以来、久々に排水口をチェックする。
見た感じ、そんなに髪の毛がたまっているようには見えない。
排水口内のわんを持ち上げてみる。




・・・。




「うっ・・・わーーーーーーーーーーー」(深夜の気遣い)



わんと排水口の間に大ーーきな毛玉がすくすくと見事に成長。


ダメだ、これはダメだよ・・・こりゃチョウバエも湧くわ・・・

自分にマジダメ出ししながら育った毛玉を収穫し、わんとトラップと排水口に風呂用洗剤をこれでもかと吹き付け、ステンレスブラシでガリガリ出来る限りこする。
びしびしと錆交じりの飛沫が飛ぶ。
トラップと排水口の中はよく見えないけれど、明らかに滑らかな表面ではない。錆なのか何かが角質化したのか・・・自力で取れそうな気が全然しない。


IMG_2588.jpg
(掃除後です)

錆々のわんだけど、これでもマシになったの!
四ヶ月前、初めてここを開けた時は全面ぼってりした茶色だったの!


築が古いとか内装仕上げの詰めが甘いことぐらいは賃貸なんだし別に構わないが、こういう水周りはどうしても古さが如実に出て・・・げんなりするところ。


掃除後そのまま入浴して、風呂上りに排水口とトラップ部分に塩素系の錠剤を落として2日目終了。




<10/8終盤戦・・・?>

夜、風呂を入れようと浴室に入ると・・・


天井に二匹。




・・・。




昨日で終われるかと思ったけど・・・

排水口ではなく浴槽下の奥が原因って可能性もあるか・・・


これは青ポット師匠の浴槽下浸けおきの術を繰り出さねばなるまい・・・


でもこの日は気力が出ず、見送り。
風呂上りに排水口にパイプユニッシュを気持ち回しかけて終了。




<10/9ホントの終盤戦>

午後から外出する予定だったので、昼前に浸けおき開始。

昨夜塩素系を流し入れているのでしばらく水を流した後、浴槽に熱めの湯をはり酸素系漂白剤を溶かす。
溶けにくいので、風呂蓋を使い草津の湯もみよろしくぐいぐい混ぜる。

排水口にお手軽版の薄いジップロックをかませて蓋をし、浴槽の栓を抜く。


IMG_2589.jpg

ちょっと湯の量が多かったみたいで、浴槽下だけでなく床の上まで浸水していた。
まあ結果オーライ。

このまま放置して外出。



・・・約四時間後、帰宅。

当初より5~6割湯が減っていたものの、浴槽下はまだ十分に浸かっている。このままもう少し浸けておきたいけど、これ以上時間が遅くなると流した後の掃除をするのがめんどくさくなりそう・・・

ということで流すことに。


浴槽奥やら床やらをさんざんシャワーをかけて流し、浴槽のエプロンを外す。
前回もそうだったけど、あまりここは汚れてないんだよな・・・
エプロンの掃除というより、排水溝を思いっきりゴシゴシやるために外す、という感じ。

届く範囲で浴槽下や排水溝をブラシでこする。
コンクリって汚れが取れたのかどうかかなりわかりにくい・・・
適当なところで切り上げてさんざん水で流す。


そしてさらにもう一丁。

浴槽と壁の隙間から壁をつたうようにパイプユニッシュを垂らしていく。
そして排水口にももう一度回しかけてさらに放置。


一時間後、再び水をさんざん流す。
洗ったエプロンを戻し、浴槽と床を中性洗剤でさっと洗って流す。




や、やっと終了~~~!!


四日もかかった。

いや、分けなきゃ一日で十分終わったんだけどね。


塩素系洗剤を本当に遠慮なく使ったような気がする。
合間に酸素系もはさんでるしね・・・き、危険だよねー;;
(真似しないでください)

あと、前回水の流れが悪くなるということですぐやめてしまった排水口のネットを復活することにした。
すべて流れ落ちてトラップ内で髪の毛が溜まるより、少し流れにくくてもネットの上で髪の毛を拾えるほうがまだいいもんね。毎日拾えばいいんだ。そーだそーだ。



とりあえず今の段階では彼は出現してない様子。
根絶出来てるといいけどなあ・・・




加えて。

ほんのり臭う浴室内の塩素臭、いつ取れるのかなあ・・・。





↓参加中です。やる気の源、応援クリック感謝です!


スポンサーサイト

コメント

えーっと

ふるさんこんにちわ♪
えーっとこの虫、うちにも居ましたこの夏。
・・・・・・と言う事は沸いて来たということですよね。
沸いて・・・・・
ショックを受けて、このまま消えます(汗)

■桜さん

私もこの発生方法さえ知らなかったら、いまだに共存を許せていたと思うんですよ・・・
蚊の仲間で水周りで成長して、っていうとどうしてもボウフ○が即イメージされてしまって・・・急にエマージェンシーランプが点滅しちゃいました。

でもやっぱり発生するのは夏ですよね。
ウチの排水口がよっぽどだったってことなんでしょうね~;;(私も消えます)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mezasesimplelife.blog112.fc2.com/tb.php/72-1bdbd535

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。